忍者ブログ

れんつのゲーム語り部屋

やったゲームなどのレビューや感想なんかを自由に語っています~。

   2018

0612

やってますねE3。
興味を惹かれるゲームが目白押しなわけですが今一番私が気になってるのは和風ゲーム。
「俺屍」にハマって以来和風好きになっちゃった私は今回発表された和風ゲームのうち、どれをやってみたいかなぁと悩んでいます。


以下現時点での感想。

■「隻狼」

なんと言ってもフロム。その企業名だけで気になってる。名前だけで気になってしまう程フロムには飼い慣らされてしまった。
ムービー見てもソウルゲーの系譜っぽく格好良かった。
実際はアクティビジョンとの共同開発なので純粋なフロムゲーじゃないのかもしれないけど、死んで蘇る感じがどことなく哲学混じりで重々しくて、ユーザーの妄想を駆り立てるこの雰囲気はさすがというかやはりというか。

ソウルゲーだとおもちゃ箱みたいな入り組んだダンジョンとかが多いけどこのフィールドは広めになるのかな?オープンワールドみたいなやつでソウルゲーしたかったからそれも楽しみポイント。
ただグラフィックがフロムにしてちょっと安っぽいような…明るいからかな?2015年のBloodborneの方がまだ綺麗な気がする。
あとシングルプレイだけっていうのも大丈夫なのか?


■「仁王2」

ダクソのパクリゲーにゲラルドが召喚されそのまま梱包し世に出たはずだが、蓋を開ければみんなに受け入れられる和風ゲームとして成功を収めたやつ。の続編。ってイメージ。
実は1は体験版だけ触って製品版は買ってない。
なんでも敵硬くすりゃいいってもんじゃねーぞと思って体験版でリタイア。体験版は敵が強すぎた。ダクソ真似するにしてもダクソは敵が硬いわけじゃないんだよ~とか思ってた。

ただ、その体験版でのユーザーからの意見を真摯に受け止め何度も調整を重ねてしっかりとしたモノを作り上げたという頑張り屋さんなゲーム。
発売までの紆余曲折ぶりに鑑みても、よくこれだけの成功ゲットできたなと素直に感心した。
構想開発~~年!って作品はゲーム問わず大体ダメなパターンが多いと思ってたけど。

リタイアしたとは言え興味はあったのでプレイ動画をちらちら見てたら体験版とは比較にならない程面白そうだった。
2では主人公をエディットできて、ハクスラ要素じゃなくなればもっとグッと惹かれるかも。
まだまだ情報が出てくるはずなので期待大。


■「ゴーストオブ対馬」

海外が作る日本を舞台にしたゲーム。日本企業がアサクリ作るみたいな感じ?
主人公が山田孝之っぽい。あと仏教っぽさが強い。もっと神社とか出して神道っぽくても良いのよ?
今のところ一番正統派を感じる。ただ初出の時に比べると若干盛り上がりに欠けてるかなぁ…。
初出の↓

多分エンタメを抑えた硬派な和を目指した結果なんだと思う。大人向けだね。
よくここまで日本を作ってくれたなと思う。ってわけで普通にやりたい。



以上そんな感じです。
隻狼>対馬>仁王
かな。やってみたい順は。今でてる情報だと。

仁王は和風ダクソとして確立された感あるからフロムはどうやってそれを覆すのか楽しみ。
あとこれは自分のせいだけど、モンハンのやりすぎでどのゲームも戦闘が「軽すぎる」感覚になってる。
もっと重くどっちりと刀を振りたい。刀とか甲冑とか大好きだから。お願いします…特に対馬…。

てかダクソライクなゲーム本当に増えてきましたね。
仁王はもちろんコードヴェインもそうだし、アサクリオリジンも。

...

拍手

PR
Post your Comment
名前:
title:
Mail:
URL:
文字の色:
コメント:
pass: 絵文字:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
管理人:
れんつ
れんつって誰?:
どこからともなく彗星の如く現れた二人組。
その存在は謎である。

……。

うそ。

Σ(゜д゜lll)

( *^^*)b
最新記事
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[06/17 くわ]
[02/16 pty]
ブログランキング

スポンサーPR
amazonゲームランキング
ブログのアクセスカウンター
バーコード
忍者ブログ [PR]

Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP